敏感肌や乾燥肌に効くセラミド原液とは、成分の特徴と働き

セラミド化粧品

敏感肌や乾燥肌に効くセラミド原液とは、成分の特徴と働き

更新日:

敏感肌の人は一般的な肌質の人よりも皮膚が薄くなって水分が蒸発しやすくなり、バリア機能が弱まっている状態ですので、潤いケアを徹底しなければなりません。

また、乾燥肌の人は肌中の潤い成分の生成が鈍りますので肌の老化が早まる恐れがありますので、外側から上手く潤い成分を補うことを考えます。どちらの症状にも最適なのがセラミドなのですが、特にセラミド原液は高い効果が期待できます

セラミド原液とは、主成分がセラミドのみになっているものです。他にも主成分が含まれている場合にはセラミド原液とは言わず、得られる効果も原液をつけた時とは異なります。

セラミド原液の特徴

セラミド原液の場合、肌馴染みが良くて浸透しやすいという特徴を持ちます。特にヒト型セラミドは元々体内に存在するセラミドに非常によく似た構造ですので、スムーズに浸透させることができます。

更に詳しく特徴を見ていくと、セラミド原液とは水溶性ではなく油性の性質を持つものですので、水に溶けにくいものです。ですから水溶性の化粧水とは合いませんので、配合するのがとても難しいと言われています。ですから、原液をつけるのが効率の良い方法であり、乾燥した肌もスムーズに改善させることが可能です。

 

セラミド原液の使い方は?

実際の使い方としては、顔を洗った後にすぐにつけるという方法もあります。こうすることでその後に行う基本のスキンケアの効果を高めることができます。最初に使うことで皮膚が柔らかくなり、化粧水などの浸透率もアップしますので、スキンケアの効果を実感しやすくなります。

他にも、普段のスキンケアにプラスしたい場合には、化粧水などに数滴混ぜてつけるという方法もあります。潤いを与える作用がより強まり、しっとりとした肌を作ることが可能です。

セラミド原液は非常に優れた効果を持つものですが、様々な種類がありますし、人によっては刺激に負けてしまうこともあります。ですから自分に肌に合っているかを慎重に見極めることも大切です。

おすすめセラミドはこちら

>>効果とコストと成分で選んだセラミド化粧水&サプリ総合ランキングはこちら<<

 

ブースター導入液としてのセラミド原液の使い方

ブースター導入液としてのセラミド原液の使い方

乾燥肌はセラミド原液の使い方を知ることで保湿をすることができます保湿に欠かせない成分というとセラミドですが、セラミド原液には2種類あります。

01.植物性セラミド

植物性のセラミドはとうもろこし、米ぬか、コンニャクイモなどから抽出されており、徹底的に不純物を取り除いて精製されたもので安全なセラミドです。

動物性セラミド

もう1種類は動物性のセラミドで、馬の脊髄から抽出されたセラミドが使われていることが殆どです。このセラミドは肌に馴染みやすく、乾燥している肌を改善することが期待できるセラミドです。

乾燥肌や敏感肌の保湿にはセラミドが欠かせないもので、年齢を重ねることでもセラミドは減少していくため、肌のセラミドが減少すると角質内の水分も減って肌は乾燥してしまいます。そんな場合、簡単にセラミドを補うことができるのがセラミド原液です。

乾燥肌になるメカニズム

乾燥肌になるメカニズム

セラミドは角質の細胞間の隙間を水分や油分を抱え込んで満たしている主成分で、角質の水分の80%以上はセラミドを含む角質細胞間脂質が保持しています。

セラミドは水分保持が可能で、角質から水分蒸発を防ぎ肌を潤った状態にします。

ウイルスなどが体内に侵入することを防ぐ機能もあり、セラミドが不足すると肌の水分は失われやすくなり潤いが不足するため乾燥肌になってしまうのです。

セラミドのブースター導入液としても使い方

セラミド原液の使い方は、ブースター導入液として使うことができます。ブースター導入液とは洗顔後にすぐに使用することで、後で使う化粧水などの浸透効果をあげることができるスキンケアアイテムのことです。

ブースター導入液はいろいろな成分が配合されたタイプがありますが、セラミドの原液はブースター導入液として使うことで肌が柔らかくなり、化粧水などの浸透率も上がるため、しっとりとした肌になることが期待できます。

他の使い方としては、毎日使っているスキンケアアイテムに1~2滴混ぜて使います乳液やクリームなどもともと保湿効果が高いアイテムに加えることでさらに潤いを感じる肌にすることが期待できます。

 

セラミド原液の選び方として種類や配合量、他の成分もチェック

セラミド原液の選び方として種類や配合量、他の成分もチェック

敏感肌乾燥肌の人はお手入れが大変です。通常よりもバリア機能が弱まっている状態ですので、一般的に問題がないとされているケアであってもトラブルを引き起こすことがあります。

そのような人に積極的に利用して欲しいのがセラミドなのですが、セラミドの中でもセラミド原液は効果が高いのでおすすめです。

セラミドの種類をチェック

セラミド原液の選び方ですが、まずはセラミドの種類を確認します。セラミドにもいくつか種類があり、ヒト型セラミドは人の体内に元々存在しているセラミドとほとんど同じ構造になっています。ですから肌への親和性が高く、スムーズに浸透させることができます。

 

他にも、以下のような種類のセラミドがあります。

  • ヒト型セラミドの次に親和性の高い天然セラミド
  • 大豆やトウモロコシなどから抽出される植物性セラミド
  • 化学的に合成して作られた合成セラミド

セラミドの配合量もチェック

セラミドの配合量もチェック

セラミド原液の配合量ですが、やはりできるだけ多く含まれていた方が効果は高くなります。セラミド原液とは言っても他の成分も含まれていますので、その中でセラミドがどれ位の割合を占めるのかが重要になります。

 

他の成分もチェック

また、選び方としては他の成分をチェックすることも忘れてはいけません。
セラミドの働きを高めるような成分が配合されていれば、更に高い効果を得ることができます。

 

実際に使用する前にテストしてみましょう

種類や配合量、他の成分もチェックしてみて求めている効能が得られると判断したら、あとは実際に購入して試してみることになりますただし、いきなり顔につけるのはリスクがありますので、二の腕などでパッチテストを行います。

パッチテストの時には綺麗に洗って清潔な状態にした上でつけてみます。異変が現れないかを確認し、変化もチェックしておくと良いようです。化粧水をつけた後、原液をそのまま肌につけるという方法もありますが、化粧水に混ぜて使用する人もいます。

年齢と共に徐々に減っていくものですので、外側から上手く補うことはとても大切です。
効率の良い取り入れ方を自分なりに見つけていくようにしましょう。

 

セラミド原液を利用する場合の価格の相場

セラミド原液を利用する場合の価格の相場

乾燥肌や潤いを失った肌を回復させるには、外側から保湿成分を補う必要があります。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの色々な種類がありますが、その中でも効果が高いと言われているのはセラミドです。

特にセラミド原液は肌につけるとしっとりとして、素早く浸透させることができます。セラミドが含まれる化粧品よりもセラミド原液が良いのは、主成分がセラミドのみになっているために肌馴染みが良いからです。

セラミド原液の価格は?

セラミド原液を利用する場合、もっとも気になるのが価格です。ヒアルロン酸などよりも高いというイメージがありますので、原液となるとかなり高い価格になるのではないという懸念があります。

実際の相場を調べてみると、一番肌に浸透しやすくて元々人の肌中に存在する成分と近い構成であるために安心であると言われているヒト型セラミドの場合、やはり4~5千円ほどかかるようです。

植物や作られたセラミドや人工的に合成されたセラミドなら、安いものなら千円程度からあります。

相場を調べる際、値段だけでは計れない部分もあり、やはり

  • どのような種類のセラミドが含まれているのか
  • 他の成分は何が含まれているか

などの部分も重要になります。

 

セラミド原液の使い方

基本的に、刺激に弱い肌に対して安心して利用したい場合には、少し高価なヒト型セラミドを利用すると安全です。
このタイプは刺激がとても少ないですし、肌につけた後の浸透率や働きかけが安定していますので、健やかな肌を取り戻すのに役立ちます。

セラミド原液は一般的に少量でも高額なのですが、他の化粧水のように顔全体にたっぷりとつけるタイプではなく、薄く伸ばすものですので、一度にたくさんは使いません。

洗顔後にすぐに使用する場合には数滴つけて肌にのばしていくことで、その後に使う化粧水や美容液や乳液の効果を高めることができますし、普段使用している化粧水に2~3滴たらせば潤い効果をアップさせることができます。自分にとってベストな使い方を模索することが大切です。

おすすめセラミドはこちら

>>効果とコストと成分で選んだセラミド化粧水&サプリ総合ランキングはこちら<<

 

セラミド配合化粧水の特徴とメリット、デメリット

セラミド配合化粧水の特徴とメリット、デメリット

肌の保湿に欠かせないセラミドですが、加齢などによって体内の量がどんどん減ってきてしまいます。肌の状況に合わせて積極的に化粧水などを利用して足りない分を補っていく必要があります。

セラミドといっても実は11種類ほどあります。それぞれ肌に対して微妙に違う特徴や働きをもっています。自分の肌に合ったセラミドが配合されている化粧水を選ぶことが大切です。

セラミドの種類と機能・特徴を以下にご紹介します。

タイプ1・・・水分の保持と外部刺激に対するバリア形成機能があります。

タイプ2・・・強力な水分の保持機能があります。

タイプ3・・・水分の保持、シワを和らげます。

タイプ4とタイプ5・・・角質内のバリアを形成・保持機能があります。

タイプ6とタイプ6Ⅱ・・・水分の保持、ターンオーバー促進、シワを和らげる機能があります。

タイプ7・・・細胞の増殖、分化コントロール、皮膚の菌のバランスの調整機能があります。

タイプ8、タイプ9、タイプ10に関してはまだ解明されていません。

 

どのセラミドを選ぶべき?

この中で人間に一番多く含まれているのはタイプ2になります。まずはタイプ2の入っている化粧水を選ぶと良いでしょう。

セラミドのメリットですが、角質を細胞の間の隙間を粒子が入り込むことによって細胞同士をくっつけるような糊のような役割をします。

細胞同士がくっつくことによってそこにある水分も閉じ込められることになるので、水分が外に蒸発にしくい、イコール保湿効果があるということがわかっているのです。結果的に肌の水分量が増加するということにつながるのです。

それと同時に弱っていた肌の表面のバリア機能も回復させる効果があるので、水分を閉じ込めつつ刺激にも強い肌になることが出来るのという大きなメリットがあります。

デメリットとしては天然と合成があるということです。擬似のものでも天然と似たようなはたらきを持っていますが、保湿力は天然のものに比べると劣ることがほとんどです。

値段が安いものは合成を使用していることが考えられますので注意しましょう。

 

セラミドが配合された化粧品の価格の相場

セラミドが配合された化粧品の価格の相場

肌のバリア機能に着目したスキンケア用品には、セラミドが配合されていることが多く、効果的に肌のバリア機能を向上させることができるとして口コミサイトでも話題となっています。

セラミドは、もともと人の肌の成分の一部ですが、コラーゲン同様加齢とともに減少することがわかっています。そのため、スキンケア用品を使って補うことで肌を潤し、バリア機能を高めてアレルギーや敏感肌の肌も健やかに保つことができます。

 

セラミド化粧品の価格相場は

様々な化粧品に配合されているセラミドは、低価格のものですと1000円前後の化粧品から試すことができます。

数千円から一万円程度の美容液などにも配合されている成分で、価格の相場が高くなればなるほど含有率も高く、プラセンタコラーゲンプロテオグリカンなど他の美容成分も高い割合で配合されるものが多くなっています。

アトピー性皮膚炎や敏感肌で肌が赤くなったり痒みが出やすい方は、肌のバリア機能に着目した化粧品を使うことが推奨されており、実際に敏感肌用やアトピー肌用の化粧品には多くの割合でセラミドが配合されています。

アイテムとしては、クレンジングや洗顔料、化粧水や乳液、クリームや美容液と言ったもの挙げられ、それらをシリーズで使うことでより肌の潤いやバリア機能を高めることができます。

 

アトピー肌・敏感肌用のセラミド化粧品の相場は

アトピー肌用や敏感肌用の化粧品の相場は3000円程度のものが人気です。口コミサイトでも敏感肌用やアトピー肌向けの化粧品は情報の交換が頻繁に行われており、それだけ肌トラブルが出やすい方が多いことがわかります。

肌トラブルは、外からの刺激に強い肌にしていくことが有効ですので、角質の隙間を埋める働きがあるセラミドは、敏感肌に有効に作用します。

毎日セラミドを始めとした有効成分が配合された化粧品を使うことで、肌トラブルの出にくい肌にしていくことができます。原液タイプも販売されていますので、手持ちの化粧品にプラスすることで、肌のバリア機能を高めることができます。

 

セラミド化粧品は成分表示をチェックして効果的な選び方を

セラミド化粧品は成分表示をチェックして効果的な選び方を

いつもと同じスキンケアをしているのに最近肌荒れが気になる、いくらスキンケアしても一向にトラブルが改善しない、といったことで悩んでいるなら、それは肌の乾燥が原因かもしれません。

乾燥対策に効果的な化粧品はたくさんありますが、適切なものを選ばないと症状の改善を望むことはできません。

乾燥からくる肌トラブルの改善にもっとも効果的なのはセラミドです。これは肌に潤いをしっかりと与えたいときの強い味方で、最強の保湿成分だと言われています。

セラミドはもともと肌に存在するもので、肌細胞と細胞の間をしっかりと埋めることで、肌を保水し、外部の刺激から肌を守るバリア機能を担っています。しかし、加齢や間違ったスキンケアによってどんどん減少してしまい、肌トラブルを招くことになるのです。

症状を改善する為には、セラミドが配合された化粧品を塗布することで外側から補ってあげるのがもっとも効果的です。しかし化粧品ならなんでも良いというわけではありません。選び方にも注意が必要です。

効果的な化粧品を選んでしっかり保湿

効果的な化粧品を選んでしっかり保湿

成分ついて

いろいろな種類がありますが、もっとも効果的なのはヒト型セラミが配合された化粧品です。
人間の体内にあるものとほぼ同じ構造を持っているため、最も保湿効果や浸透力が高く、肌に与える刺激が少ないと言われています。セラミド1、2、3などと表記されているので、化粧品を選ぶ際には、しっかりと成分表示をチェックするようにしましょう。

配合量について

配合量にも注意が必要です。油溶性という特徴があるので、化粧水よりも美容液や乳液、クリームなどのほうが高配合されている確率が高いです。また、成分表示には、配合量の多いものから表示されているので、セラミドの表記が上の方に表示されているものを選ぶと良いでしょう。

肌トラブルを解消するためには、セラミド配合の化粧品でしっかりと保湿してあげることが大切です。選び方にも注意が必要で、化粧品なら何でも良いというわけではありません。

購入の際には、成分表示をしっかりとチェックするようにして、品質の高いものを選びましょう。

おすすめセラミドはこちら

>>効果とコストと成分で選んだセラミド化粧水&サプリ総合ランキングはこちら<<

-セラミド化粧品

Copyright© セラミドは本当は効果なし!?化粧水とサプリどちらがいいの? , 2019 All Rights Reserved.