セラミドの効果について徹底比較|化粧水とサプリの選び方

MENU

敏感肌や乾燥肌に効くセラミド原液とは、成分の特徴と働き

セラミド原液とは,特徴,成分

敏感肌の人は一般的な肌質の人よりも皮膚が薄くなって水分が蒸発しやすくなり、バリア機能が弱まっている状態ですので、潤いケアを徹底しなければなりません。

 

また、乾燥肌の人は肌中の潤い成分の生成が鈍りますので肌の老化が早まる恐れがありますので、外側から上手く潤い成分を補うことを考えます。どちらの症状にも最適なのがセラミドなのですが、特にセラミド原液は高い効果が期待できます

 

セラミド原液とは、主成分がセラミドのみになっているものです。他にも主成分が含まれている場合にはセラミド原液とは言わず、得られる効果も原液をつけた時とは異なります。

セラミド原液の特徴

セラミド原液の場合、肌馴染みが良くて浸透しやすいという特徴を持ちます。特にヒト型セラミドは元々体内に存在するセラミドに非常によく似た構造ですので、スムーズに浸透させることができます。

 

更に詳しく特徴を見ていくと、セラミド原液とは水溶性ではなく油性の性質を持つものですので、水に溶けにくいものです。ですから水溶性の化粧水とは合いませんので、配合するのがとても難しいと言われています。ですから、原液をつけるのが効率の良い方法であり、乾燥した肌もスムーズに改善させることが可能です。

セラミド原液の使い方は?

実際の使い方としては、顔を洗った後にすぐにつけるという方法もあります。こうすることでその後に行う基本のスキンケアの効果を高めることができます。最初に使うことで皮膚が柔らかくなり、化粧水などの浸透率もアップしますので、スキンケアの効果を実感しやすくなります。

 

他にも、普段のスキンケアにプラスしたい場合には、化粧水などに数滴混ぜてつけるという方法もあります。潤いを与える作用がより強まり、しっとりとした肌を作ることが可能です。

 

セラミド原液は非常に優れた効果を持つものですが、様々な種類がありますし、人によっては刺激に負けてしまうこともあります。ですから自分に肌に合っているかを慎重に見極めることも大切です。

セラミド

>>効果とコストと成分で選んだおすすめのセラミド化粧水&サプリ総合ランキングはこちら<<

敏感肌や乾燥肌に効くセラミド原液とは、成分の特徴と働き記事一覧

 
セラミド原液,使い方,ブースター導入液

乾燥肌はセラミド原液の使い方を知ることで保湿をすることができます保湿に欠かせない成分というとセラミドですが、セラミド原液には2種類あります。植物性セラミド植物性のセラミドはとうもろこし、米ぬか、コンニャクイモなどから抽出されており、徹底的に不純物を取り除いて精製されたもので安全なセラミドです。動物性セラミドもう1種類は動物性のセラミドで、馬の脊髄から抽出されたセラミドが使われていることが殆どです。...