セラミドの効果について徹底比較|化粧水とサプリの選び方

MENU

セラミド原液の選び方として種類や配合量、他の成分もチェック

セラミド原液,選び方,成分

敏感肌乾燥肌の人はお手入れが大変です。通常よりもバリア機能が弱まっている状態ですので、一般的に問題がないとされているケアであってもトラブルを引き起こすことがあります。

 

そのような人に積極的に利用して欲しいのがセラミドなのですが、セラミドの中でもセラミド原液は効果が高いのでおすすめです。

セラミドの種類をチェック

セラミド原液の選び方ですが、まずはセラミドの種類を確認します。セラミドにもいくつか種類があり、ヒト型セラミドは人の体内に元々存在しているセラミドとほとんど同じ構造になっています。ですから肌への親和性が高く、スムーズに浸透させることができます。

 

他にも、以下のような種類のセラミドがあります。

  • ヒト型セラミドの次に親和性の高い天然セラミド
  • 大豆やトウモロコシなどから抽出される植物性セラミド
  • 化学的に合成して作られた合成セラミド
セラミドの配合量もチェック

セラミド原液の配合量ですが、やはりできるだけ多く含まれていた方が効果は高くなります。セラミド原液とは言っても他の成分も含まれていますので、その中でセラミドがどれ位の割合を占めるのかが重要になります。

他の成分もチェック

また、選び方としては他の成分をチェックすることも忘れてはいけません。
セラミドの働きを高めるような成分が配合されていれば、更に高い効果を得ることができます。

実際に使用する前にテストしてみましょう

種類や配合量、他の成分もチェックしてみて求めている効能が得られると判断したら、あとは実際に購入して試してみることになりますただし、いきなり顔につけるのはリスクがありますので、二の腕などでパッチテストを行います。

 

パッチテストの時には綺麗に洗って清潔な状態にした上でつけてみます。異変が現れないかを確認し、変化もチェックしておくと良いようです。化粧水をつけた後、原液をそのまま肌につけるという方法もありますが、化粧水に混ぜて使用する人もいます。

 

年齢と共に徐々に減っていくものですので、外側から上手く補うことはとても大切です。
効率の良い取り入れ方を自分なりに見つけていくようにしましょう。

 

セラミド

>>効果とコストと成分で選んだおすすめのセラミド化粧水&サプリ総合ランキングはこちら<<

【敏感肌や乾燥肌に効くセラミド原液とは、成分の特徴と働き】関連情報

セラミド原液,使い方,ブースター導入液

乾燥肌はセラミド原液の使い方を知ることで保湿をすることができます保湿に欠かせない成分というとセラミドですが、セラミド原液には2種類あります。植物性セラミド植物性のセラミドはとうもろこし、米ぬか、コンニャクイモなどから抽出されており、徹底的に不純物を取り除いて精製されたもので安全なセラミドです。動物性...

セラミド原液,選び方,成分

敏感肌や乾燥肌の人はお手入れが大変です。通常よりもバリア機能が弱まっている状態ですので、一般的に問題がないとされているケアであってもトラブルを引き起こすことがあります。そのような人に積極的に利用して欲しいのがセラミドなのですが、セラミドの中でもセラミド原液は効果が高いのでおすすめです。セラミドの種類...