セラミドの効果について徹底比較|化粧水とサプリの選び方

MENU

ブースター導入液としてのセラミド原液の使い方

セラミド原液,使い方,ブースター導入液

乾燥肌はセラミド原液の使い方を知ることで保湿をすることができます保湿に欠かせない成分というとセラミドですが、セラミド原液には2種類あります。

植物性セラミド

植物性のセラミドはとうもろこし、米ぬか、コンニャクイモなどから抽出されており、徹底的に不純物を取り除いて精製されたもので安全なセラミドです。

動物性セラミド

もう1種類は動物性のセラミドで、馬の脊髄から抽出されたセラミドが使われていることが殆どです。このセラミドは肌に馴染みやすく、乾燥している肌を改善することが期待できるセラミドです。

 

乾燥肌や敏感肌の保湿にはセラミドが欠かせないもので、年齢を重ねることでもセラミドは減少していくため、肌のセラミドが減少すると角質内の水分も減って肌は乾燥してしまいます。そんな場合、簡単にセラミドを補うことができるのがセラミド原液です。

乾燥肌になるメカニズム

セラミドは角質の細胞間の隙間を水分や油分を抱え込んで満たしている主成分で、角質の水分の80%以上はセラミドを含む角質細胞間脂質が保持しています。

 

セラミドは水分保持が可能で、角質から水分蒸発を防ぎ肌を潤った状態にします。

 

ウイルスなどが体内に侵入することを防ぐ機能もあり、セラミドが不足すると肌の水分は失われやすくなり潤いが不足するため乾燥肌になってしまうのです。

セラミドのブースター導入液としても使い方

セラミド原液の使い方は、ブースター導入液として使うことができます。ブースター導入液とは洗顔後にすぐに使用することで、後で使う化粧水などの浸透効果をあげることができるスキンケアアイテムのことです。

 

ブースター導入液はいろいろな成分が配合されたタイプがありますが、セラミドの原液はブースター導入液として使うことで肌が柔らかくなり、化粧水などの浸透率も上がるため、しっとりとした肌になることが期待できます。

 

他の使い方としては、毎日使っているスキンケアアイテムに1~2滴混ぜて使います乳液やクリームなどもともと保湿効果が高いアイテムに加えることでさらに潤いを感じる肌にすることが期待できます。

 

セラミド

>>効果とコストと成分で選んだおすすめのセラミド化粧水&サプリ総合ランキングはこちら<<

【敏感肌や乾燥肌に効くセラミド原液とは、成分の特徴と働き】関連情報

セラミド原液,使い方,ブースター導入液

乾燥肌はセラミド原液の使い方を知ることで保湿をすることができます保湿に欠かせない成分というとセラミドですが、セラミド原液には2種類あります。植物性セラミド植物性のセラミドはとうもろこし、米ぬか、コンニャクイモなどから抽出されており、徹底的に不純物を取り除いて精製されたもので安全なセラミドです。動物性...